肺炎球菌ワクチン(予防接種)の解説 - しゃくど循環器・内科|大阪市 都島区|循環器科 内科

しゃくど循環器・内科 ロゴ
〒534-0011 大阪市都島区高倉町2-9-8
高倉マンション1階
TEL:06-6927-7001

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌について


 肺炎球菌は、体力が落ちている人や高齢のため免疫力が弱くなってきた人に いろいろな病気を引き起こす原因になります。肺炎球菌が引き起こす主な病気には、肺炎、 気管支炎等の呼吸器感染症や副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎などがあります。
 65歳以上の高齢者では、肺炎による死亡率は、がん、心臓病、脳卒中に次いで第4位となっています。 また、ペニシリンなどの抗生物質に対する耐性菌が増えているため、治療が困難になってきていますので、 肺炎球菌ワクチンによる予防がますます大切です。

肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)


 肺炎球菌には80種類以上の型がありますが、このワクチンはそのうちの23種類の型に 対して免疫をつけることが出来ます。これで肺炎球菌による感染症の80%を予防することが できるといわれています。一度接種すると効果は5年以上持続します。
 接種対象者は、2歳以上で、肺炎球菌による重篤な疾患に罹患する 危険が高い人です。1回0.5mLを筋肉内または皮下に注射します。
肺炎球菌により重篤な疾患に罹患する危険の高い人とは

  • 脾臓の摘出手術を受けた人(保険適用あり)
  • 慢性の心疾患・呼吸器疾患のある人
  • 腎不全、肝機能障害、糖尿病のある人
  • 高齢者(65歳以上)
  • 免疫抑制剤の治療を予定されている人
  • アルコール依存症(過去も)
  • 免疫不全症のある人など

 なお、肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)は一部の人を除いて任意の予防接種(保険外診療)として扱われており、 また2回目の接種をすると反応が強くでることがあるので、日本では今のところ再接種はしないことになっています。 再接種はしないことになっていましたが、2009年10月から再接種が可能となりました。

ワクチンの副反応について


 接種後に注射部位の腫れや、痛み、ときに軽い発熱が見られることがありますが、 日常生活に差し支えるほどのものではありません。通常1〜2日で消失します。 多くのデータにより、安全に接種できることが確認されています。

しゃくど循環器・内科へ通院中の方には、ご高齢の方を中心として インフルエンザワクチン接種に加えて、肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)接種をお勧めしてします。
予約制で実施します。
費用は7350円です。

米国等における肺炎球菌ワクチンの接種状況


 米国における肺炎球菌ワクチンの接種状況をみると、1997年には65歳以上の高齢者で 平均45.3%で、1999年には接種率は50%を超えています。これは米国での65歳以上の インフルエンザワクチンの接種率とほぼ同率です。このように、米国を始め世界の多くの国では、 肺炎球菌ワクチンが65歳以上の高齢者やハイリスクの方を中心に接種されています。 そういう意味では、日本のワクチン行政は遅れています。米国では、米国厚生省(DHHS)の 疾患管理センター(CDC)が、65歳以上の高齢者やハイリスクグループの人たちに、 肺炎球菌ワクチンをインフルエンザワクチンと同時に接種するように強く推奨しています。 また、日本においては、現在、再接種ができないことになっていますが、米国においては、 1997年から特にハイリスク(65歳以上の高齢者の方等)の人達に再接種が勧められています。

(2007.8.1 記, 2009.11.7 改 2010.8.10 再改)

関連リンク

Copyright(c) 2006-2017 しゃくど循環器・内科 All rights reserved.