インフルエンザワクチン(予防接種)の解説 - しゃくど循環器・内科|大阪市 都島区|循環器科 内科

しゃくど循環器・内科 ロゴ
〒534-0011 大阪市都島区高倉町2-9-8
高倉マンション1階
TEL:06-6927-7001

インフルエンザワクチン

『インフルエンザ』ってなに?


 インフルエンザは『流感=流行性感冒』や『フルー:flu』とも呼ばれる 大変伝染力の強いウイルス性の呼吸器系の感染症です.いわゆる『風邪=カゼ』とは異なり ある意味では恐い病気です.
 インフルエンザにかかると39℃以上にまで発熱し,悪寒や震えがきます.また,頭痛や 痰のあまりでない咳(乾性咳嗽),鼻水,鼻づまり,ひどい喉の痛み,筋肉痛や節々の痛み, などが生じます.いわゆる『かぜ』に代表される他の呼吸器感染症とは異なり, インフルエンザでは『大変ひどい倦怠感』が数日から一週間以上も続きます. とくに子どもでは吐き気や嘔吐,下痢を合併することがありますが,おとなではインフルエンザで 胃腸症状が中心になることは稀です.
 人からひとへ簡単にうつり,感染が拡大します. 感染している人が咳をしたりくしゃみをすることでウイルスがまき散らされ, インフルエンザは人からひとへ簡単に広がります.インフルエンザウイルスが人に入ると, 通常では2〜4日で症状が急に現れます.症状が現れてから4日間程度が人にうつす可能性のある時期と されています.

『どのような人』にワクチン接種が特に必要なの?


 毎年の様に新聞などで報道されますが,インフルエンザは抵抗力の弱い人にとっては 『死に至る病』です.インフルエンザにかかると重い合併症を併発する危険性の高い以下の 人たち(ハイリスクグループ)には,インフルエンザのワクチン接種が強く望まれます.

  • 65歳以上の高齢者
  • 特別養護老人ホームや老健施設などに収容されている全ての年齢の入所者
  • 喘息慢性肺気腫慢性気管支炎心機能障害など肺や心臓に慢性疾患のあるひと.
  • 感染に対して免疫力の低下しているひと
  • 糖尿病などの代謝異常や腎臓病のために過去1年以上定期的に通院し治療が必要だったひと.

これら以外の方でもワクチン接種を希望される場合には,接種をお勧めします.

『いつ頃』ワクチン接種をするの?


注射器の挿絵

 年によって変動しますが,通常日本でのインフルエンザの流行期は12月下旬から翌年3月初めまでです. ワクチンが十分に効果を発揮するには2週間程度かかりますので,10月〜11月にワクチン接種を行うのが 理想的です.ただ日本ではワクチンの供給開始が例年10月初旬ですので11月中に接種されるのが効果的です. また毎年接種することが望まれます.

しゃくど循環器・内科では,
  • 予約していただいた人数分のワクチンを手配しますので,あらかじめ受付にてご予約ください. 通常診療中でのワクチン接種にも対応いたしますが,手配できたワクチン数に余裕のある場合に 限らせていただきます.
  • インフルエンザ予防接種の費用に関して,大阪市から高齢者など一部の市民に対しての助成制度が ありますが,それ以外の方についてはすべて自費になり健康保険は使用できません.当院での接種費用は 3800円です(大阪市からの助成制度対象者の自己負担金は1500円あるいは免除です).
  • 特殊な極細針の注射器を使用して注射時の痛みの軽減に努めています.

(2007.8.8 記, 2016.10.08 改)

関連リンク

Copyright(c) 2006-2017 しゃくど循環器・内科 All rights reserved.